発酵とは微生物の働きで有機物が分解あるいは変化され、特定の物質を生成する現象のことをいいます。分解産物の違いによってアルコール発酵や乳酸発酵、酢酸発酵などがあります。発酵は酒や味噌、ビールなど食品の製造に利用されています。その他にも医療品や化粧品、洗剤などにも発酵の応用技術で作られたものが多数存在しています。ちなみに微生物が窒素や硫黄成分を含む有機物を分解して有害な分解産物を生じることを腐敗といいます。アメブロでは、パンの発酵方法や発酵を利用したレシピなどの紹介情報がたくさん掲載されています。また様々な発酵食品の腸内環境への影響やよりよい発酵食品の摂り方なども載っています。ぜひ読んでみてください。

3/21の記事ランキング

このタグの新着記事