診察とは、医者が病状や病原を判断するために患者の体を調べる行為です。診察は医師のみが行う事ができる医療行為のひとつで、まずはじめに問診票などをもとに医療面接が行われます。次に身体所見検査が行われますが、患者の症状に合わせて、目で見て診察する「視診」や聴診器を使って診察する「聴診」、手で直接触って診察する「触診」、手や器具で打って診察する「打診」などが行われます。また初めての診察の事を「初診」といい、初診の際には初診料という料金が発生します。アメブロにはそれぞれの診察のもつ意味や症状によってどのような診察がされるかなどといった内容の記事が多数掲載されています。ぜひ一度読んでみてください。

2/20の記事ランキング

このタグの新着記事