極真空手は、武道・格闘技の一種です。世界初の直接打撃制の空手であり、1954年に大山倍達が提唱しました。極真という名称の由来は、武道の有名な格言「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」です。厳しい武道の真髄に迫り、それを極める志を表しています。一般的な空手と同じく、礼節や型を覚えることから始まり、階級が帯の色で示されます。白・オレンジ・青・黄・緑・茶・黒の7色があり、黒帯取得は最低5年はかかると言われる難易度の高さです。また、世界友好の架け橋となることを目指した極真空手のシンボルマークは、世界6大陸を意味する6つの円がモチーフとなっています。極真空手に関するブログには、道場やその関係者によるものが多く、日々の鍛錬や大会などについて綴っています。

3/24の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#極真会館3,058件)