火事とは、山林や家屋などの建物が火によって焼ける災害のことを意味しています。また、火事の大きさによって表現の仕方が異なり、焼失した面積が大きく、被害が甚大であるものを大火(たいか)、火事になる前に消火されたものを小火(ぼや)と表現します。火事による被害は、建物が焼けることによる有形資産の焼失が考えられますが、火事によって怪我人や死人がでることもあります。また出火原因には、電気コードのショートやタバコの不始末によるものが多いと言われています。火事に関するブログでは、実際に起きた火事よる災害について被害状況や出火原因などについて詳しく紹介している記事があります。

2/24の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#シーズン入り6件)

投稿された記事はまだありません。