教員採用試験は、公立学校の教員になるための採用試験です。各都道府県や政令指定都市の教育委員会が実施しており、この試験に合格しなければ公立学校の教員になることはできません。教員採用試験の受験資格は、教員免許を取得していること、もしくは教員免許を取得見込みであることが条件となっています。選考方法は自治体によって多少異なります。教員採用試験に合格しなかった場合、臨時職員となって再び採用試験合格も目指すケースもあります。教員採用試験に関するブログには、実際に教員採用試験を受験した個人の日記などがあります。また、教員採用試験の傾向と対策や、勉強方法などを紹介している記事もあります。

3/24の記事ランキング

このタグの新着記事