骨肉腫とは、骨の悪性腫瘍です。原発性悪腫瘍の中で最も頻度の高い代表的な骨のガンですが、ガンのなかでは稀な部類です。中学生や高校生などの思春期に起こりやすい病気です。最初の症状としては腫れや痛みです。大腿骨や脛骨の膝関節に発生することが多いです。骨肉腫の治療は抗ガン剤治療と手術があります。放射線治療は放射線が効きにくいためほとんど行われません。外科治療の際には、成長軟骨をとってしまうために、病気がない方の足に比べて病気の足は10センチ以上も短くなってしまうため、生活に支障をきたすため、大腿で切断し、義足を利用することが多くなります。しかし、技術の進歩により積極的に足を残していく方法が試みられています。骨肉腫に関するブログには、骨肉腫を発症した人の治療の記録が書いてあるブログがあります。

2/22の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#骨萎縮42件)