金星とは、太陽系第二惑星あり、地球側惑星ということ、太陽系内の惑星の中で平均密度と大きさが最も地球に近い惑星です。宇宙開発が盛んだった頃には、植民先としての候補に上がったこともありました。地球からは明け方と夕方にのみ観測することが可能です。とても明るい星で、太陽と月に次いで明るく見えます。そのことから明け方のものは明けの明星、夕方のものは宵の明星と呼ばれます。金星は赤道の傾斜角度が177度とほぼ倒立状態で、自転の方向が地球とは逆になります。つまり金星では、西から登ったお日様が東に沈みます。金星に関するブログには、金星が関わる占いについての内容を書いている記事や、神話や伝承において金星がどのように扱われているのかを解説したものがあります。

3/24の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#東の六白5件)