舞妓は、京都の五花街と呼ばれる場所において、宴の席で歌や踊りなどを披露して宴会に花を添える職業の女性です。舞妓の歴史は古く、300年前の江戸時代まで遡ります。もともとは神社仏閣などに参拝する人たちにお茶を振る舞った女性たちが、次第に三味線や踊りを見せるようになり、今の舞妓になりました。また、よく混同される芸妓との違いについては、踊り、歌、三味線など、基本的に行うことは同じですが、20歳前後までの女性を舞妓と呼び、それより上の女性を芸妓と呼びます。舞妓に関するブログには、舞妓と芸妓の違いについて書かれているものや、舞妓体験をした人の感想などが書かれているものがあります。そのほか、舞妓の着物について書かれているブログなどもあります。

2/24の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#佳つ扇32件)

投稿された記事はまだありません。