法要は、遺族が故人を偲び、故人が冥土で幸福でいられるよう祈るために行われる追善供養です。初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日、四十九日、百カ日と、仏教では法要を行う日が定められており、初七日と七七日以外は、遺族のみで供養することが一般的とされています。また、法要の後の会食までを含めて法事と呼びます。遺族は、三回忌までは喪服が基本で、七回忌以降は略式喪服を着用し、参列者は初七日から四十九日は略式喪服を着用します。法要をした人によって書かれたブログや、法要についての参列者のマナーや服装、香典などについて詳しく説明しているブログなどがあります。

3/23の記事ランキング

このタグの新着記事