有田焼とは、佐賀県にある有田町とその周辺の地域において製造されている磁器のことを意味しています。有田焼は明治以降に日本では広く使われるようになりました。江戸時代の頃には今の呼び方ではなく、備前焼とか伊万里焼という名前で呼ばれていました。この焼き物の由来としては、17世紀の初め頃に、朝鮮半島から渡来した陶工達によって有田町にある泉山で、陶石(磁器の原料)が発見されたことにあると言われています。日本においては初となる磁器が焼かれた場所としても知られています。有田焼の表現方法として代表的なものとしては、白磁、陽刻、染付、色絵、青磁などがあります。有田焼に関するブログには、有田焼の食器類を持っている方達によるお気に入りや自慢の有田焼を紹介する記事が写真入りで紹介されているものが多くあります。

1/19の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#美濃焼き672件)

関連ハッシュタグ

注目ハッシュタグ

無料で簡単にブログをはじめよう

他ブログからお引越しはこちら