切り干し大根とは、大根の乾燥品のことで、西日本では千切り大根とも呼ばれています。冬に収穫した大根を細切りにし、天日干しします、厳しい寒さになるほど良質な製品になります。乾物のなかでは、戻す時間が短く、灰汁が少ないため扱いやすいです。戻すと約4倍の重量になります。含まれる栄養価として、良質の食物繊維やカルシウムが多く含まれていて、健康食品として有用されていますが、独特の臭気があるため、嫌う人もいます。切り干し大根について書かれているブログには、切り干し大根を使ったユニークなアイデアレシピや、切り干し大根が嫌いな人に向けたレシピなど、様々なレシピが紹介されています。

3/26の記事ランキング

このタグの新着記事