鳥居は、神と人が住む世界の境界線の役割りを担う、神界の入口と呼ばれる門です。現代では主に神社の入口の象徴として建てられていますが、鳥居自体は神社の風習が確立される前から存在していました。鳥居の数え方は「基」であり、色は赤(朱)と白の2種類が存在します。赤は魔よけの意味を持つ色で仏教から入ってきました。赤の鳥居を使用しているのは神仏習合を兼ねている神社であり、神聖な意味を持つ白を使用しているのは神仏分離の意味を持った神社が多いのが特徴です。鳥居とついた名前の人によるブログ、神社の参拝方法やマナーについて触れたブログ、鳥居について解説しているブログなどがあります。

2/17の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#400メートル18件)