馬刺しとは、馬の肉を切り焼かずに生で食べる日本の料理です。読み方は「ばさし、うまさし」とあり、馬肉の刺し身の略称となっています。馬刺しは大きく分類するとトロ、霜降り、赤身に分けられます。極上の部位から取れるバラ肉がトロになります。赤身に霜が振られている部位を霜降りと呼んでいます。さらに一頭から希少しか採取できない「タテガミ」部分の刺し身があります。レバ刺しやタン刺しもあります。馬の肉は牛や豚の肉よりも低カロリーで栄養価が高いです。馬刺しを習慣で食べる地域は熊本県や長野県などがあります。馬刺しに関するブログには、馬刺しを食べたことについて書いたブログが多くあります。

2/22の記事ランキング

このタグの新着記事