飲酒運転は、飲酒後に自動車を運転する行為です。飲酒運転は、酒気帯び運転と酒酔い運転の2つに大別されます。酒気帯びの場合、呼気のアルコール濃度が1リットル中0.15mg以上0.25mg以下は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金で、違反点数は13点です。0.25mg以上の場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金で、違反点数は25点です。酒酔い運転は、体内のアルコール量が酒気帯び状態より多い状態です。酒酔い運転の場合は、5年以下の懲役、または100万円以下の罰金で違反点数は35点です。飲酒運転に関するブログでは、飲酒運転の基準が厳しくなったことで罰則を受けると大変なことになるため、飲酒運転は絶対にやめよう。という内容もものが多く見られます。

3/19の記事ランキング

このタグの新着記事