行方不明とは、災害や事故、事件といった要因や事情でその人物の居場所・消息・行き先・安否・連絡先が分からなくなった状態のことを意味しています。日本の法律上としてはこの行方不明者を「生活の本拠を離れてその行方が明らかでなく、第六条第一項の規定によって届出がなされたもの」と定義しています。江戸時代には行方不明のことを「欠落」と呼んでおり、行方不明者の親族や五人組にはその人物を連れ戻す義務が課されており、見つけ出せなかった場合には処罰の対象となっていました。行方不明に関して書かれているブログには、誘拐事件や失踪事件といった行方不明に関連したニュースを紹介している記事が多くあります。

2/19の記事ランキング

このタグの新着記事