白無垢は、生地の表裏が白一色で仕立てられた和服です。無垢は汚れの無い純真なものを指しています。日本では昔から白色を神聖な色として、祭服などの色として用いていました。室町時代末期より江戸時代にかけては、白無垢は花嫁衣裳、出産や葬礼、経帷子や切腹の衣服として使用されていました。明治以降には洋式慣行が入ってきたことで葬礼などに黒色が使われることが多くなってきました。しかし、神前挙式の結婚式では、花嫁が着用する婚礼衣装と式服の下着などには白無垢を使う習慣が残っています。白無垢に関するブログでは、花嫁衣裳の白無垢が美しかったことや、白無垢の和服を着たことなどについて書かれているものが多くを占めています。

3/19の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#白無垢試着18件)

投稿された記事はまだありません。