歩行器は、人の歩行を補助する道具です。 歩行器が必要な人が使うことで、安定した姿勢の保持と転倒の防止が可能になります。歩行器には、乳幼児用、リハビリ用、介護用と種類があります。乳幼児用の歩行器で、SGマークが付いている歩行器の対象は7ヶ月~15ヶ月で、身長748mm、体重9.3kgまでが対象となっています。リハビリ用は、何らかの原因で歩行障害となってしまった時のリハビリに用いられます。介護用の歩行器は、高齢者の歩行補助に多く用いられています。歩行器に関するブログでは、怪我などのリハビリで歩行器を使っている時の様子や、高齢者の介護で歩行器が必要になったことについて書かれているものが多くを占めています。

3/19の記事ランキング

このタグの新着記事