建物とは人が住むためや仕事をするため、物を収めるためなどの目的で建てられたものです。一般的に建物と呼ばれるものは土地に基礎ができ、その上に柱や壁、屋根が備わった状態のものをいいます。また、建物は劣化していくので減価償却されます。減価償却費用の算出は耐用年数を元に計算されます。耐用年数は建物の構造や用途によって設定されています。さらに、建物を扱う会社として不動産会社があります。不動産会社では新築物件や中古物件の販売・仲介を行い、賃貸物件の代理・仲介を行います。アメブロには、減価償却について詳しく書かれた記事や物件を探す際などに役立つ情報を記載したブログなどが掲載されています。ぜひ一度のぞいてみてください。

3/24の記事ランキング

このタグの新着記事