島唄とは1992年にアルバムとして発売され、沖縄の音楽要素を取り入れた楽曲です。沖縄だけでも1万枚の売上があり、後に全国で約50万枚の売上がありました。数々の沖縄のコマーシャルに起用されました。島唄は当時沖縄で歌うことを躊躇していた沖縄ミュージシャン達の橋渡しになったと言われています。また歌詞を標準語で歌ったオリジナル・ヴァージョンでは紅白歌合戦に出場したり、レコード大賞ではベストソング賞を受賞しました。アルゼンチンでは日本語のままカバーされ、ワールドカップのアルゼンチン代表のチームの応援歌としても知られています。島唄に関するブログでは、ライブに行った方のレポートや島唄の歌詞の意味の解説を詳しく記載されています。

1/17の記事ランキング

このタグの新着記事