古河市(こがし)は、茨城県の西端にある市です。関東地方のほぼ中央に位置します。市内全域がほぼ平坦な地形で、南部に利根川、西部に渡良瀬川が流れています。古河市の歴史は古く、「万葉集」には既に渡良瀬川の情景が詠まれているほどです。平安時代には東日本最大級の製鉄所だった川戸台遺跡があります。1960年代には、東北本線で東京都の上野まで1時間で行けるという好立地から、東京のベッドタウンとして人口が増大しました。現在ではその役割は薄れていますが、人口は多く、県内第6位となっています。古河市に住みたい人が賃貸住宅や求人を探している記事が多いです。また、店側も古河市に来てもらおうと、積極的に求人情報を出しています。そのほか、古河市に店を構える人の記事などが多くあります。

3/24の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#今日は和食512件)