初夢とは、新年の最初に見る夢のことです。ただし、「いつ」見る夢を初夢とするかについては諸説あります。江戸時代には、大晦日の夜から元旦の朝にかけてみる夢、正月元旦の夜に見る夢、正月2日の夜に見る夢の3つの説があったといわれています。その後、明治時代には正月元旦に見る夢が主流を占め、現代でも1月1日の夜に見る夢が初夢として受け継がれています。初夢には1年の吉兆を占う風習があり、最も有名なものに、見れば縁起が良いとされる「一富士、ニ鷹、三茄子」があります。初夢は、実際に新年に見た夢を紹介したブログが多くあります。いつ見る夢を初夢というかについて説を紹介しているブログもあります。

2/18の記事ランキング

このタグの新着記事