冥王星とは、太陽系外縁天体内のサブグループの代表例とされる準惑星に区分される天体です。1930年にクライド・トンボーによって発見され、2006年までは太陽系第9惑星とされていました。直径は2370kmであり太陽系内のどの惑星よりも小さく、その軌道は楕円形で黄道面から大きく傾いています。5つの衛星が発見されており、中でも最大の衛生カロンは直径が冥王星の半分以上あるため二重天体とみなされることもあります。

3/19の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#七星論30件)