三種の神器(さんしゅのじんぎ)とは、戦後1950年後半の日本で新時代を送る生活必需品として宣伝された白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の3種類の家電のことです。歴代天皇に伝わる三種の神器(鏡・玉・剣)になぞらえた呼称で新しい生活・消費習慣を表したマスコミ主導のキャッチコピーは、豊かさや憧れの象徴を意味しています。この中で一番早く普及したのは白黒テレビで、最も遅く普及したのが冷蔵庫でした。また、「デジタル三種の神器」や「キッチン三種の神器」と呼ばれるものも生まれました。三種の神器に関するブログには、歴代天皇に伝わる三種の神器や家電に関する三種の神器に加えて、自分にとっての三種の神器について書かれた記事が多くあります。

2/19の記事ランキング

このタグの新着記事