ヒラマサは、アジ科の中で最も大きいとされている魚です。日本では生息地によってさまざまな異名があり、ヒラマサは東京など関東での呼び名で、関西ではヒラス、山陰地方ではヒラソと呼ばれています。ブリ・カンパチ・ヒラマサのことを一般にブリ御三家と呼び、中でもヒラマサは穫れる量が少ないので高級魚として扱われています。外見はブリに非常によく似ています。ヒラマサは脂が少なく淡白で上品な味わいで、刺身にすると最高と言われています。壱岐、勝浦、玄界灘など、全国各地でヒラマサ釣りを行っている人が、磯釣りの様子を書いたり、上手にヒラマサを釣るタイミングやスポット選び、ルアー選びなどフィッシングのコツを紹介しているブログなどがあります。

3/26の記事ランキング

このタグの新着記事