かるたは、日本で主に正月などに遊ばれるカードを使用した室内遊戯です。漢字では歌留多、加留多、嘉留太、骨牌と表記されます。読み札とそれに対応する取り札で構成され、基本的なルールは一人が読み手となって読み札に書かれた文を読んでいき、取り札を平面な地面に散らばらせた状態で複数人が取り合うものになります。代表的なものに百人一首がありますが、これは読み札が短歌となっており、取り札が下の句になっています。かるたに関するブログは、遊び方について書かれているものがあります。名前は知っていても遊び方を知らない人にとって、実際の遊び方が詳しく、わかりやすく書かれているので参考になります。

2/22の記事ランキング

このタグの新着記事

このハッシュタグと一緒によく使われるタグ

#国民的アニメ30件)